東京 NEWS

5月8日(日)まで!東京タワーの麓に、333匹の「鯉のぼり」と「さんまのぼり」!

5月8日(日)まで!東京タワーの麓に、333匹の「鯉のぼり」と「さんまのぼり」!

東京タワーでは、春の恒例企画「333匹の鯉のぼり」と一匹の「さんまのぼり」装飾を、ゴールデンウィークを含む5月8日(日)まで、1階正面玄関前に装飾しています。

4月29日(金・祝)からは、SDGs鯉のぼり17匹と、アーティストコラボ鯉のぼり1匹を、追加で設置します。

こちらの記事も読まれています

5月8日(日)まで!東京タワーの麓に、333匹の「鯉のぼり」と「さんまのぼり」!

 

東京タワーでは、春の恒例企画「333匹の鯉のぼり」と一匹の「さんまのぼり」装飾を、ゴールデンウィークを含む5月8日(日)まで、1階正面玄関前に装飾しています。

4月29日(金・祝)からは、SDGs鯉のぼり17匹と、アーティストコラボ鯉のぼり1匹を、追加で設置します。

2009年にスタートしたこの企画は、東京タワーの高さ333mにちなみ、333匹の色鮮やかな鯉のぼりをタワーの足元に飾り付けるもの。高層ビルが立ち続け、日々、空が狭くなっていく東京都港区で、近隣の子供たちはもちろん、毎年多くの来塔客の目を楽しませています。

2011年以降は、鯉のぼりの中に、東京タワーと友好関係にある岩手県大船渡市の「さんまのぼり」が1匹含まれ、東日本大震災からの復興に、毎年エールを送っています。
1匹だけ紛れ込んだ「さんまのぼり」を、ぜひ現地で探してみてください。

また、今年初めて企画され、4月29日(金・祝)から追加されるSDGs鯉のぼりは、SDGs17項目のカラーバリエーションにあわせて制作され、口元には17項目それぞれのアイコンが配置されます。
この企画に賛同頂いた港区や、各企業様のメッセージやロゴを乗せて、SDGs鯉のぼりが泳ぎます。
子供たちの健やかな成長と笑顔。そして世界平和を願う気持ちを、東京の中心から、鯉のぼりに乗せて世界に届けます。

アーティストコラボ鯉のぼりは、PCを一切使わずにiPhoneのみでデジタルアートを創作する現代アーティストの池田真優氏が手掛けます。アート活動を通じて、子供たちに夢を与えるという想いが、今回の企画の趣旨と一致して実現に至りました。

東京タワーのオレンジ色と青空をバックに、東京の中心で元気に泳ぐ333匹のカラフルな鯉のぼり。SNS映えする写真が撮れる事で、家族連れはもちろん、カメラファンにも人気の企画です。

開放的な屋外で楽しめる圧巻の鯉のぼり装飾を、ぜひお楽しみください。

 

東京タワー春の恒例企画!333匹の「鯉のぼり」と「さんまのぼり」開催概要

・期間 2022年4月5日(火)~5月8日(日)まで、終日掲揚
・場所 東京タワー1階正面玄関前
・内容 333匹の鯉のぼりと1匹のさんまのぼりが飾られます。4月29日(金・祝)以降は、SDGs鯉のぼり
    17匹と、池田真優さんデザインの鯉のぼり1匹が追加されます。
・主催 (株)TOKYO TOWER
・企画 (株)TOKYO TOWER 、(株)KAKERUWA
・後援  港区
・協賛  (株)banker、和合、BASHLINE Inc、日本声優事業者協議会、(株)ココロミル、
     Humming for peace、日本チェルノブイリ連帯基金、Music for SDGs、「有り、触れた、未来」、
    (株)COLBIO、(株)Hands UP 日本橋龍馬会、TAG LINE inc、Super Massive Grobal(株)、
    (一社)インバウンド観光総研 

 

 

 

 

 

新着記事

Category

アーカイブ

  • この記事を書いた人

minkim

カメラと自然大好き女子です! カメラで撮った写真とともに、お散歩情報を発信しています。 Instagramで最新情報やブログ未投稿写真を投稿しています。

-東京, NEWS