NEWS 茨城

いばらきフラワーパーク 900品種9000株の春バラシーズンが5月14日(土)からスタート!

いばらきフラワーパーク 900品種9000株の春バラシーズンが5月14日(土)からスタート!

この春リニューアルオープンから一周年を迎え、2年目のバラが咲きはじめたいばらきフラワーパーク(https://www.flowerpark.or.jp/)。

いよいよ5月14日(土)から春バラシーズンがスタートします。900品種9000株のバラが咲き誇る園内では、「見るから感じる」をコンセプトに、バラに関するアクティビティや、グルメ、オリジナルアイテムなどさまざまなコンテンツをご用意しています。

広大な園内に咲く色鮮やかな春バラに包まれ、この時期だけの特別なひとときをお過ごしください。

いばらきフラワーパーク 900品種9000株の春バラシーズンが5月14日(土)からスタート!

900品種9000株の春バラ

 

2021年4月29日に「見るから感じる」フラワーパークへと生まれ変わり、2年目を迎えたいばらきフラワーパーク。

自然豊かな里山が広がる30ヘクタールの園内では、県花のバラ900品種9000株が、花数も花色もより豊かに生長し、まもなく見頃を迎えます。

体験型のフラワーパークとなったことで、リニューアル前に比べて来園者の滞在時間も長くなり、ゆったりと自然に癒される時間をお楽しみいただいています。

エントランスを抜けてお迎えするのは、鮮やかな濃いピンク色のバラ「ユイット・カンパーニュ」から始まり、12色のグラデーションで彩られる「バラのトンネル」。「ユイット・カンパーニュ」は、地域との結びつきを願い、フラワーパークのある「八郷」の地名をフランス語で表した、ロゴカラーにもなっているパークオリジナルのバラ。

ほかにも、パラソルやベンチが随所に置かれ、絶景とバラに癒される「バラテラス」や、11色の色別に楽しめる「色別バラ」エリア、代表的なダマスクなど5種類のバラの香りを楽しめる「香りのバラ」エリアなど、さまざまにバラを体感できる仕掛けがいっぱい。

満開のバラと芳醇な香りに包まれる園内をお楽しみください。

 

■春バラシーズン:2022年5月14日(土)~6月下旬頃
※開花状況により変更となる可能性があります。

 

ローズファーム マーケットで、バラのオリジナルアイテムが新登場

 

エントランスに隣接し、入園チケットが不要で利用できる「ローズファーム マーケット」では、茨城の銘品をはじめ、こだわりのお土産品を多数取り揃えています。
この春、いばらきフラワーパークのオリジナル商品に新たなアイテムが追加されます!



「ユイット・カンパーニュ」 2,800円
リニューアルオープンに合わせて作られた、いばらきフラワーパークオリジナルのバラ。
鮮やかなピンク色で、香りはティーにフルーティーを感じさせる爽やかな香りです。日本の気候風土にあった丈夫なこのバラは、地域の生産者が育て、全国でもここでしか買えない苗です。

 


「パウダーアロマ」 センチフォリアローズ¥550/ラベンダー¥440/ヒノキ¥440(いずれも税込)
精油をそのままパウダー状に仕立て、スリムなアロマシートに閉じ込めました。香りはバラ、ラベンダー、ヒノキの3種。お財布や、鞄、ポーチなどに入れて、香りをお楽しみください。裏に切手(¥84)を貼れば、遠くに離れた大切な方にも香りをお送り頂けます。 

「ハンドジェル- ダマスクローズ-」 880円(税込)
国産のバラを1本1本手摘みして採取されたハイブリットローズ花エキス(保湿成分)を使用。
バラの香りを楽しみながら、手指を清潔に保ちます。お食事前や外出時、様々な場面でご使用頂けるハンドジェルです。

「フルブルーム クッキー ローズ&ハーブ」 1,404円(税込)
茨城県産小麦「ゆめかおり」を使用し、地元八郷で生産された平飼い卵や国産バター、精製しない粗糖など、こだわりの素材でつくられた生地に、ローズの花びらと八郷産フレッシュハーブを練り込んだ、自然豊かな味わいが広がるいばらきフラワーパーク オリジナルのクッキーです。

「スウィートローズドロップ- ミント-」 540円(税込)
無農薬で丁寧に育てられた黄色のバラを朝摘みして作ったバラのジャムを、一粒一粒練り込み、さらにミントをプラスした、いばらきフラワーパーク オリジナルのキャンディドロップ。

 

春バラシーズンの「100の体感」アクティビティ

 

年間を通して花や自然の魅力を体験できる「100の体感」アクティビティ。春バラシーズンは園内のバラを摘んで束ねるアクティビティや、ローズクリエイターによるガーデンツアーなど、この時期だけのメニューが充実。



「ローズクリエイター木村さんとめぐる春バラガーデンツアー」
バガテル新品種国際バラコンクールで日本人初の受賞を果たし世界的に活躍するローズクリエイター木村卓功さんは、いばらきフラワーパークのバラの育成監修に携わっています。木村さんと一緒に個性豊かなバラたちの楽しみ方をめぐる贅沢なツアーです。

開催日:5月18日(水)、5月22日(日) 10時30分/14時(各回定員25名)
参加費:2,000円(税込)

「ローズマイスターによる春バラガーデンツアー」
いばらきフラワーパークが主催し、バラの知識や楽しみ方を1年間学ぶローズマイスター養成講座を修了したボランティアによる春バラのガーデンツアーです。

開催日:5月21日(土)、5月28日(土)
参加費:無料

「ガーデンローズでつくるブーケ」
春バラが咲きほこる園内で、バラと季節の草花を参加者自身で摘み取り、フローリストと一緒に束ねるブーケ作りワークショップ。

開催日:6月5日(日) 10時/13時30分(各回定員10名)
参加費:3,500円(税込)

 「バラのボタニカルアロマミスト作り」
園内のバラを蒸留した、バラの香りのボタニカルウォーターに、お好みの香りのアロマオイルをブレンドして作るルームミスト。この時期のインフォメーションはバラの香りに包まれます。

開催日:インフォメーションで常時開催、予約不要
参加費:550円(税込)

 

ローズファーム カフェにローズサイダーが登場

ローズファーム マーケット内にあるカフェのメニューは、広々としたテラス席と園内を見渡す2階席ではもちろん、テイクアウトして園内のお好きな場所でもお楽しみいただけます。
眼前に広がるバラテラスが満開の春バラで満たされるこの時期にこそ味わいたいのは、新メニューの「ローズサイダー」。バラの花びらを贅沢に使った華やかなドリンクで、味覚でバラを感じることができます。バラのクグロフなどの多彩なメニューと一緒に、園内散策のお供にいかがでしょう。



「ローズサイダー」 550円(税込)

 

 ほかにもバラテラスを見渡すレストランで、真っ赤なバラ「マイローズ」に囲まれて茨城県・八郷の新鮮なグルメを味わったり、里山の自然が残る「花やさと山」のグランピングに宿泊して開園前の朝一番のバラの香りを楽しんだり、この時期に、いばらきフラワーパークだけで味わえる特別な体験をお楽しみください。

【入園料】(バラシーズン)5月14日(土)~6月下旬予定:大人1,200円、小人400円、ペット200円
※お花の開花状況により異なります。

【営業時間】午前9時から17時(入園は16時30分まで)/火曜日休み(祝日の場合翌平日)

 

施設概要

■いばらきフラワーパーク 施設概要
所在地:茨城県石岡市下青柳200番地
指定管理者:茨城県フラワーパーク指定管理業務共同事業体(2019年7月~)
(株式会社パーク・コーポレーション、一般財団法人石岡市産業文化事業団)

ホームページ:https://www.flowerpark.or.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/ibarakiflowerpark/
公式Facebook:https://www.facebook.com/ibarakiflowerpark

 ■青山フラワーマーケットとは
「Living With Flowers Every Day」をコンセプトに花や緑に囲まれた心ゆたかなライフスタイルを提案しているフラワーショップ。全国に111店舗、パリに1店舗、ロンドンに1店舗を展開。
ホームページ:http://www.aoyamaflowermarket.com/

■パーカーズ(parkERs)とは
パーカーズは、2013年7月に設立されたスタートした空間デザイン事業部。ブランド名の通り、「日常に公園のここちよさ」を提案すべく、商業施設や住宅、公共施設などの空間プランニング・デザイン設計や施工、オリジナル家具の開発を行なう。
ホームページ: http://www.park-ers.com/

■パーク・コーポレーションとは
名称 : 株式会社パーク・コーポレーション http://www.park-corp.jp
代表者:代表取締役 井上英明
本社:〒107-0062 東京都港区南青山5-1-2 5F
設立:1988(昭和63)年12月24日
資本金:2,000万円
その他ブランド:

フラワースクール/hana-kichi http://www.hana-kichi.jp
カフェ事業 / Aoyama Flower Market TEA HOUSE http://afm-teahouse.com
BtoB事業 / Aoyama Flower Market ANNEX http://annex.aoyamaflowermarket.com/

 

 

新着記事

Category

アーカイブ

  • この記事を書いた人

minkim

カメラと自然大好き女子です! カメラで撮った写真とともに、お散歩情報を発信しています。 Instagramで最新情報やブログ未投稿写真を投稿しています。

-NEWS, 茨城