NEWS 中部

10月8日・9日竹灯籠ライトアップ!名古屋市営地下鉄「赤池駅」駅前広場「赤池まち灯り2022」開催!

10月8日・9日竹灯籠ライトアップ!名古屋市営地下鉄「赤池駅」駅前広場「赤池まち灯り2022」開催!

赤池まち灯り実行委員会(所在:愛知県日進市赤池町)は、10月8日(土)・9日(日)の二日間、大型ショッピングモール「PRIMETREE AKAIKE」(以下プライムツリー赤池)ならびに名古屋市営地下鉄「赤池駅」駅前広場を会場に「赤池まち灯り2022」を開催いたします。

10月8日・9日竹灯籠ライトアップ!名古屋市営地下鉄「赤池駅」駅前広場「赤池まち灯り2022」開催!

2021年画像

 

赤池まち灯り実行委員会(所在:愛知県日進市赤池町)は、10月8日(土)・9日(日)の二日間、大型ショッピングモール「PRIMETREE AKAIKE」(以下プライムツリー赤池)ならびに名古屋市営地下鉄「赤池駅」駅前広場を会場に「赤池まち灯り2022」を開催いたします。

一本一本丁寧に細工を施した竹を組み合わせて、アート性に富んだオブジェを制作。竹は灯籠になっていてやわらかな明かりがともり、夜の赤池に幻想的な空間を演出します。

同祭典は10月8日(土)18時から行われる点灯式(会場:プライムツリー赤池グランドゲート)で幕を開け、地域の音楽活動者による音楽祭を二夜にわたり開催。アートと音楽でまちににぎわいをもたらします。

 

赤池町では放置竹林が問題に

2021年画像

2021年画像

 

 かつて広大な竹林が広がっていた赤池町では、管理されなくなった放置竹林が問題となっています。「赤池まち灯り」は、この課題に取り組むため2018年に始まりました。

竹灯籠の制作およびオブジェの設置は、全て市民のボランティアで行っています。異世代や異業種の交流により参加者の社会参画意識と郷土愛を高め、強い市民力を育てることが目的です。

 

2021年画像

2021年画像

2021年画像

2021年画像

 

宅地開発が進む赤池町では、古くからの住民と流入した若者世代が共に暮らしています。彼らが世代を超えて触れ合い、地域に根ざして継続的な活動をすることで、新たな文化が育成されることを期待しています。

 

 

「赤池まち灯り」が日進市全体の活性化に寄与できるよう、イベントの成功に向けて参加者一体で取り組んでまいります。

2022年ビジュアル
告知用ポスターおよびロゴマークは、ボランティアで参加している名古屋学芸大学の阿田朱莉那さん(3年生)による制作です。ロゴマークはスタッフTシャツのデザインに採用されています。

 

実施概要

名称:赤池まち灯り2022
実施内容:竹あかりやオブジェ、および三角灯籠の制作・展示
会場:赤池駅前ロータリー、プライムツリー赤池
日程:2022年10月8日(土)・9日(日) 18時~21時(雨天中止)
10月8日(土)18時〜 点灯式(会場:プライムツリー赤池グランドゲート)
10月8日(土)点灯式終了後ならびに9日(日)18時〜 音楽祭(会場同上)

主催:赤池まち灯り実行委員会
協賛:プライムツリー赤池           https://www.prime-tree.jp/
ワンダーランド    https://www.wond.com/
ネッツトヨタ中部              https://www.netzchubu.co.jp/
ウェルカム・バスケット    https://secure01.blue.shared-server.net/www.welcome-basket.co.jp/
赤池サークル会
メモリアルそうび              https://soubisya.jp/
マスプロ電工       https://www.maspro.co.jp/
協力:特定非営利活動法人 灯LINK
後援:日進市/日進市教育委員会/にっしん観光まちづくり協会

【赤池まち灯り実行委員会】
公式サイト:https://machiakari.jp/
実行委員長:山田幹雄
所在地:愛知県日進市赤池町西組146
設立:2018年2月3日
目的:赤池地区と日進市の活性化のため、赤池まち灯りの活動全体をサポートする。

 

 

 

新着記事

Category

アーカイブ

  • この記事を書いた人

minkim

カメラと自然大好き女子です! カメラで撮った写真とともに、お散歩情報を発信しています。 情報が欲しいカメラマンさんやお出かけ好きさんと、集客したい地方自治体や観光協会などを繋ぎ、地方創生で日本を元気にを目指しています! Instagramのストーリーで全国の最新イベント情報を投稿しているので、よかったらどうぞ!

-NEWS, 中部