この記事が気に入ったら
「いいねボタン」を!

NEWS 中部

海上保安庁巡視船などが一般公開!愛知県豊橋市 2024年7月15日「豊橋みなとフェスティバル2024」開催!

海上保安庁巡視船などが一般公開!愛知県豊橋市 2024年7月15日「豊橋みなとフェスティバル2024」開催!

多くの皆様に「みなと」に親しんでもらうとともに、「みなと」の重要性や役割、港港湾整備への理解を深めてもらうことを目的に、開催しています。

自動車輸入31年連続日本一のみなとフェスティバルにぜひお越しください。

 

海上保安庁巡視船などが一般公開!愛知県豊橋市 2024年7月15日「豊橋みなとフェスティバル2024」開催!

 

多くの皆様に「みなと」に親しんでもらうとともに、「みなと」の重要性や役割、港港湾整備への理解を深めてもらうことを目的に、開催しています。

自動車輸入31年連続日本一のみなとフェスティバルにぜひお越しください。

 

初の夕方開催、「みなと」の重要性や役割、港港湾整備への理解を深めてもらうことを目的に、開催

「海の日」の2024年7月15日(月、祝)、「豊橋みなとフェスティバル2024」(実行委員会主催)が愛知県豊橋市神野ふ頭町の三河港神野地区にあるポートインフォメーションセンター「カモメリア」一帯で開催されます。今年は、暑い真夏の日中を避け、初めて夕方から開始、縁日的な要素も盛り込み、多くの屋台、キッチンカーが出店します。豊橋の港へ出掛けてみてはいかがでしょうか。

豊橋みなとフェスティバル|豊橋商工会議所 (toyohashi-cci.or.jp)

https://www.toyohashi-cci.or.jp/event/


 みなとフェスティバルは、自動車輸入が31年連続で日本一(※)など、発展する三河港に親しむ機会として開かれています。これまで日中に行われ、潮風が吹きつける海辺が会場だったこともあり、熱中症になる人もいませ

んでしたが、暑さや熱中症の対策として開催時間を夕方午後4時から夕方午後9時までとしました。

(※)自動車輸入台数と金額が全国1位、名古屋税関豊橋税関支社の2023年の貿易概況による

 

三河港クルーズは今年も開催


 カモメリア近くの岸壁は、遊覧船「たつみ丸」による三河港クルーズの発着場所になります。出発時間は午後4時、5時、6時の3回で、約30分のクルーズを楽しみます。定員は各回472人、当日、先着順です。乗船料は中学生以上400円、小学生200円、未就学児無料。午後3時半から乗船券の販売が始まります。

 

 

海上保安庁巡視船などが一般公開されます

いすず一般公開の様子

いすず一般公開の様子

 岸壁には、海上保安庁巡視船「いすず」、国土交通省名古屋港湾事務所の海洋環境整備船「白龍」が停泊し、いずれも午後4時から7時まで一般公開されます。

 

また、マリンステージが設けられ、オープニングのほか、恒例の海洋少年団の手旗パフォーマンス、消防音楽隊や和太鼓の演奏が行われ、一日港長の任命式もあります。

 

 

各会場では様々なイベントや出店があります

カモメリア一帯は、新たに始まる「みなと縁日」の会場になります。多くの屋台、キッチンカーが並び、港や海の関係団体などのブースも出展します。

 自動車や二輪車の無料駐車場(720台)にもなるライフポートとよはしでは、eスポーツ体験会として「太鼓の達人ドンダフルフェスティバルランキング戦」が開催されます。キッズからシニアまで参加でき、初心者も大歓迎。参加賞もありますので、ぜひ挑戦してみてください。

 東栄町を拠点にするプロの和太鼓集団「志多ら」も午後5時から登場。たたき方のこつを教えたり、太鼓対決をしたりします。

 みなとフェスティバル会場には、豊橋駅東口(豊橋信用金庫中央支店駅前出張所付近)から無料のシャトルバスも運行、こちらも利用してください。

 初めて夕方から始まる「豊橋みなとフェスティバル」。例年とは違う夕暮れ、夜の港を楽しみに来てください。

 

 

 

 



 

新着記事

Category

アーカイブ

  • この記事を書いた人

minkim

カメラと自然大好き女子です! カメラで撮った写真とともに、お散歩情報を発信しています。 情報が欲しいカメラマンさんやお出かけ好きさんと、集客したい地方自治体や観光協会などを繋ぎ、地方創生で日本を元気にを目指しています! Instagramのストーリーで全国の最新イベント情報を投稿しているので、よかったらどうぞ!

-NEWS, 中部