千葉 番外編

東京千葉の観光に便利!安くて綺麗で便利!千葉県柏市のグランパークホテル ザ・ルクソー南柏に泊ってみた!

東京千葉の観光に便利!安くて綺麗で便利!千葉県柏市のグランパークホテル ザ・ルクソー南柏に泊ってみた!

先週の1週間お仕事がバタバタしており、instagramが片手間になってしまいすみません!

先週はお仕事で泊りがけのプチ出張に出ておりました!そんなお仕事で泊まったホテルですが、とても安くて綺麗で快適でホテルの方も親切でよかったので、東京観光の際や千葉の観光には使い勝手がよく便利かなと思いご紹介させていただきます!

この間投稿した千葉の紅葉スポットにも行きやすいところもあるなと思いました!

もっとホテルの写真撮っておけばよかったと思うことが多々あるのですが、来月また行くので撮った写真は追加したいと思います♪

そんなコスパ抜群の千葉県柏市のホテル グランパークホテル ザ・ルクソー南柏に泊ってみました!

グランパークホテル ザ・ルクソー南柏ってどこにあるの?アクセスは?

グランパークホテル ザ・ルクソー南柏はJR「西日暮里」駅から東京メトロ千代田線で約35分の「南柏」駅にあります

ホテルは南柏駅東口 徒歩1分のところにあります!アクセスや立地が抜群でした!

南柏駅の駅前には、コンビニやスーパー、マクドナルド、モスバーガーやタリーズなど飲食するところもあり、食べ物にも困りませんよ。

JR東日本路線図

グランパークホテル ザ・ルクソー南柏はコスパ最高!めちゃ安いんです!

グランパークホテル ザ・ルクソー南柏はコスパ最高!めちゃ安いんです!

ちなみに私は楽天トラベルで予約したのですが、ビジネス利用なのでGOTOは利用していません。

GO TO トラベルキャンペーンを利用すると、

スタンダードシングル/18平米/ベッド1400サイズのお部屋朝食バイキング付き平日で消費税込8,795~10,595円/人!GO to TRAVELで泊まると4千円程度で泊まれます!

スタンダードツイン/20平米/ベッド1100サイズのお部屋朝食バイキング付き平日で2名利用時5,450~6,541円/人 (消費税込5,995~7,195円/人)GO to TRAVELで泊まると1人3千円程度です!上記他宿泊料金の 15%の地域共通クーポンがもらえます。

2020年11月11日現在なので、確認してみてくださいね!

こんなに安いのに、とっても綺麗なんです!(ホテル編)

グランパークホテル ザ・ルクソー南柏は2018年6月にオープンしたばかりでホテル自体がとっても綺麗!!

ホテルの外観はこんな感じです!iphone8で撮りました。フロントがある1階は可愛い感じ!女性が一人で泊まっている方や家族連れの方、ご夫婦やビジネス利用など、様々が方が宿泊されていました!

価格が安いですが、品があり、清潔感もあるので女性でも安心ですよね!

こんなに安いのに、とっても綺麗なんです!(お部屋編)

2018年にオープンして間もないこともありますが、お部屋もとっても綺麗なんです!

私が泊まったお部屋はスタンダードシングルルーム/18平米/ベッド1400サイズ一番小さいシングルのお部屋になります!

お部屋内をご紹介します!

これがホテルの公式写真です!とっても清潔感があって綺麗ですよね♪防音対策などにもこだわっているそうで、音などは気になりませんでした!

また全室禁煙なので、臭いも気になりません!

ここからは、実際に私が泊まったお部屋の写真です!たまに写真マジックのところとかありますが、公式写真と全然変わりませんでした!

寝巻やお風呂の様子を撮り忘れたので、来月行った際に追加しておきます!

【基本アメニティ】 シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ハンドソープ(全てDHC) 歯ブラシ/ひげ剃り/ボディータオル/ブラシ/コーヒーインスタント粉末/煎茶/電気ポット

ベッドはニューヨークから取り寄せた日本初導入「Soft・tex」社製高品質のゲル入りマットレス&ピローなんだそうです。

ハンガーの色も黄緑色と紫色で可愛い♡

全部屋ナノイー機能付き加湿空気清浄機完備!ありがたやー!

デロンギのケトル。お茶とコーヒーを1つずつチェックイン時にもらえます。

机も広くて綺麗!本を読んだりパソコンしたり便利でした!

私は机の上にあったこのトレーが凄く気が利いていて印象的でした!使用済のティーパックを入れる用のように1つありますが、私は他のトレーに腕時計を入れたり、ピアスを入れたりと仕訳もでき便利でした!

こんなに安いのに、とっても充実なんです!(サービス編)

こんなに安くてお部屋も綺麗なのに、サービスもばっちりなんです!楽天トラベルでの評価は5点満点中4.42!!低価格ホテルなのにめちゃくちゃ評価がいいのが分かります!

そんな評価が高いサービスをご紹介します!

ホテル内は無料wifiが完備

最近ではどこもホテルでも完備されてるところも多いですが、もちろん完備しています。

ワーキングスペース

1階には自由に使えるワーキングスペースがあり、2台のパソコンとプリンタを使うことができます!

フィットネスルーム

1階にはフィットネスルームがあり、15:00~20:00予約制で1回2時間まで使用できます!利用料金は500円。デラックスルーム宿泊者は無料。

トレッドミルにエアロバイク、バランスボール、ヨガマット、ダンベルなどがあるそうです。

男女別大浴場

1階に大浴場がありました!まさかの大浴場にとってもびっくり!

女性の大浴場に入る際は、フロントに声をかけるとセキュリティーキーを貸し出してくれます!すごく安心感がありました!

15:00~24:00(23:30最終入場)

お部屋内も大浴場のアメニティーもすべてDHC!ビジネスホテルだとクレンジングを置いてあるところが少なかったりするのですが、クレンジングも置いてあるので、自宅から基礎化粧品を持ってくる必要がありません!

浴室内にはサウナもあります!

スモーキングルーム

全館禁煙になっていますが、1階にはスモーキングルームがあります。

ランドリーコーナー

長期滞在には嬉しいですよね!

・洗濯機1回300円(洗剤50円・フロントにて販売)
・乾燥機30分100円

ズボンプレッサー

各階に置いてあるのかは分かりませんが、エレベーター前に置いてありました。

BARカウンター

レストランに併設したバーカウンターがあるそうです!気づきませんでした!

自動販売機・製氷機

自動販売機:2F(ソフトドリンク+アルコール)/ 5F(ソフトドリンクのみ) ・製氷機:2F/5F 無料で利用可

こんなに安いのに、バイキングなんです!(朝食編)

「千産千消」をコンセプトに、地元で取れた食材を使い新鮮シャキシャキの野菜や、ほかほか炊き立てご飯、洋食から和食など、和食派・洋食派どちらにも大満足なビュッフェスタイルでいただくことができます!

この値段でこんなに選べるのと驚くほど、内容も充実していました!

人がいて恥ずかしかったので、ちょっとだけ写真を撮りました。感染症対策で、ビニール手袋をしてトングで取るようになっています。

私はパン、ソーセージ、スクランブルエッグ、サラダ、コンスープを取りました。パンはトースターで温めることができます。

洋食を食べたあと、和食も食べたくなり、秋田こまち、納豆ご飯、明太子やきんぴらなどのお惣菜を食べてしまいました!食欲の秋ですね!

駐車場はありません!近隣パーキングを利用してください!

駐車場はないので、近隣のパーキングを使用してください!

近隣周辺には観光施設もあり千葉の観光にはぴったりです!

千葉の観光の出発地点には便利ですよ!観光におすすめです!各施設の最寄り駅までの電車の乗車時間を調べてみました!

①ららぽーと柏の葉  最寄り駅「柏の葉キャンパス」駅まで約30分

②テラスモール松戸  最寄り駅「新松戸」駅まで約5分

③あけぼの山農業公園 最寄り駅「柏」駅まで約4分/「我孫子」駅まで約10分

④千葉県立柏の葉公園 最寄り駅「柏」駅まで約4分

⑤東漸寺       最寄り駅「気小金」駅まで約3分

⑥野田 清水公園   最寄り駅「清水公園」駅まで約35分

⑦船橋アンデルセン公園 最寄り駅「船橋」駅まで約40分

⑧手賀沼 花火大会  最寄り駅「我孫子」駅まで約10分

⑨祖行院       最寄り駅「常盤平」駅まで約25分

【千葉お散歩スポット】元気半島ちば!今から考える!千葉県の紅葉の名所と穴場スポット15選!

続きを見る

千葉のバラが見れるおすすめバラ園と穴場スポット8選!

続きを見る

元気半島、ちば!千葉の彼岸花(ヒガンバナ)の絶景名所と穴場お散歩スポットまとめ!

続きを見る

いかがでしたか?

ホテルは十分なほど充実していたのですが、私自身、低いまくらが好きなのと、トュルースリーパーの沈み込むベッドが好きなので、枕とベッドが合わず、またビジネスホテルの室内着(足がスカスカする浴衣タイプ)がどうしても苦手で一睡もできませんでした涙。結構繊細なんです。。来月宿泊する際は、パジャマ持参で頑張ります!

それにしてもホテル自体は安くて綺麗でサービスもとてもよく便利なホテルでした!

是非紅葉の千葉の観光スポットを訪れる際に利用してみてくださいね!

【東京お散歩スポット】今から考える!私が昨年訪れた東京の紅葉おすすめスポット総まとめ!

続きを見る

【東京埼玉神奈川千葉お散歩スポット】関東の紅葉のライトアップが見られるおススメスポット2020!!

続きを見る

Category

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-千葉, 番外編