まとめ 中部 ハナショウブ

アヤメや花菖蒲(ハナショウブ)が見られる富山と新潟の名所や穴場スポット22選!

アヤメや花菖蒲(ハナショウブ)カキツバタが見られる富山と新潟の名所や穴場スポット22選!

富山と新潟では、規模の大きな美しい花菖蒲やアヤメ、カキツバタが植えられてる場所が多くありました。

アヤメはハナショウブより開花時期が早いので、開花状況などを確認して見逃さないようにしましょう。

ショウブは、苗も高く肥料や草刈りとお手入れも大変なんだそうです。管理が大変で菖蒲園をやめてしまうところも増えているそうです。

日本の美しい景色がなくならないように、お出かけしたらSNSでPR、現地で食事するなど、地元の方を支援したいですよね!

アヤメや花菖蒲(ハナショウブ)カキツバタが見られる富山と新潟の名所や穴場スポット22選!

氷見あいやまガーデン【富山県氷見市】※アヤメ

富山県氷見市の氷見あいやまガーデンでは、アヤメが見られるみたいですよ!

氷見あいやまガーデンの公式Instagram、Twitterで紹介されていました。

例年の見ごろは5月中旬

開花状況は、公式Instagram(aiyamagarden)やTwitterで確認できます。(Twitterはホームページから閲覧可能です)

小矢部河川公園【富山県小矢部市】

富山県小矢部市の小矢部河川公園では、花菖蒲(ハナショウブ)が見られるみたいですよ!

小矢部河川公園の花菖蒲池では、紫や白、黄色いの約200品種5万株を超える花菖蒲が咲き誇るそうです。

開花に合わせて「花菖蒲祭り」が開催されます。

例年の見ごろは、6月中旬

高瀬遺跡公園【富山県南砺市】

富山県南砺市の高瀬遺跡公園では、花菖蒲(ハナショウブ)が見られるみたいですよ!

平安時代初期の貴重な荘園遺跡として、昭和47年に国指定史跡に指定された高瀬遺跡を、その遺構や古代河川を再現し整備されたのが、全国的にもユニークなこの高瀬遺跡公園です。

園内には蛇行しながら流れる風情ある曲水がつくられており、両岸に植えられた80品種4万株の花菖蒲が見られるそうです。

開花の時期に合わせて「高瀬遺跡菖蒲まつり」が開催されます。

例年の見ごろは、6月中旬~下旬

桜ヶ池【富山県南砺市】

富山県南砺市の桜ヶ池では、花菖蒲(ハナショウブ)が見られるみたいですよ!

穏やかに広がる湖面と周囲の木々の緑が美しい幻想的な桜ヶ池は、水芭蕉の中を散策できる遊歩道があり、初夏には、キショウブやアヤメ?(ハナショウブ?)が見られるそうです。

県民公園 頼成の森【富山県砺波市】

富山県砺波市の県民公園 頼成の森では、花菖蒲(ハナショウブ)が見られるみたいですよ!

県民公園 頼成の森の約6ヘクタールの水生植物園の花ショウブ園などに600品種、70万株ものハナショウブが植えられており、水生植物園内には、ハナショウブの歴史・系統・花型・色などを案内した解説板が7カ所に設置されているそうです。

開花に合わせて「頼成の森 花しょうぶ祭り」が開催されます。

例年の見ごろは、6月

開花状況は、公式ホームページの花しょうぶ開花状況の配信で確認できます。

富山市婦中ふるさと自然公園【富山県富山市】

富山県富山市の富山市婦中ふるさと自然公園では、花菖蒲(ハナショウブ)が見られるみたいですよ!

富山市婦中ふるさと自然公園には、花菖蒲園があり、10,000本のハナショウブが見られるそうです。

例年の見ごろは、6月中旬~7月上旬

史跡安田城跡の堀【富山県富山市】※カキツバタ

富山県富山市の史跡安田城跡の堀では、カキツバタが見られるみたいですよ!

史跡安田城跡の堀には、スイレンが咲くそうですが、古来から富山に自生する絶滅危惧種で、安田城跡再整備事業で新たにカキツバタを植栽する予定なんだそうです。

スポット情報

https://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/yasuda/event/kouza2022.htm

https://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/yasuda/event/kouza2022.htm

富山県中央植物園【富山県富山市】※アヤメ・ノハナショウブ

富山県富山市の富山県中央植物園では、アヤメやノハナショウブが見られるみたいですよ!

富山県中央植物園の低地草原で5月にアヤメ、湿地の植物に6月にノハナショウブが見られると公式ホームページの植物の見ごろ花ごよみに紹介されていました。

開花状況は、公式ホームページの植物の見ごろ今週の見ごろやInstagram(botanicgardenstoyama_official)で確認できます。

ねいの里【富山県富山市】※アヤメ・ハナショウブ・カキツバタ

富山県富山市のねいの里では、アヤメ・ハナショウブ・カキツバタが見られるみたいですよ!

自然に親しみ、学び、守り育てる施設ねいの里の水生庭園には、アヤメ・ハナショウブ・カキツバタが見られると公式ホームページのねいの里:植物一覧で紹介されていました。

行田公園【富山県滑川市】

富山県滑川市の行田公園では、花菖蒲(ハナショウブ)が見られるみたいですよ!

行田公園には、 園内に4箇所の菖蒲園があり、約88種4万株の美しい花菖蒲が見られるそうです。

春日山城史跡広場 監物堀【新潟県上越市】※カキツバタ

新潟県上越市の春日山城史跡広場 監物堀では、カキツバタが見られるみたいですよ!

春日山城史跡広場の監物堀に200mに渡りカキツバタが見られるそうです。

例年の見ごろは、5月上旬

開花状況は、雪国ジャーニーや上越妙高タウン情報ホームページで確認できます。

新潟県立 大潟水と森公園【新潟県上越市】※カキツバタ

新潟県上越市の新潟県立 大潟水と森公園では、カキツバタが見られるみたいですよ!

新潟県立 大潟水と森公園では、県の絶滅危惧種に指定されているカキツバタ3000株が見られるそうです。

例年の見ごろは、5月中旬

開花状況は、公式Twitter、Facebookで確認できます。

玄藤寺あやめの里【新潟県上越市】※カキツバタ・アヤメ

新潟県上越市の玄藤寺あやめの里では、カキツバタ・アヤメが見られるみたいですよ!

玄藤寺あやめの里は、板倉区玄藤寺新田にある玄藤寺池のほとりに「あやめを愛する会」のスタッフが管理するカキツバタやアヤメが見られるそうです。

開花に合わせて「あやめまつり」が開催されます。

例年の見ごろは、毎年6月上旬にカキツバタ、6下旬からアヤメ

開花状況は、公式Facebookで確認できます。

場所:板倉区玄藤寺新田くびき野パノラマ街道 NiigataJoetsu-shi 944-0115

柏崎・夢の森公園 かきつばた苑【新潟県柏崎市】※カキツバタ

新潟県柏崎市の柏崎・夢の森公園 かきつばた苑では、カキツバタが見られるみたいですよ!

柏崎・夢の森公園 かきつばた苑では、市民ボランティアで育てた約5万本のカキツバタが見られるそうです。

開花に合わせて「カキツバタまつり」が開催されます。

例年の見ごろは5月中旬~6月上旬

開花状況は、公式ホームページのお知らせで確認できます。

松代城跡公園 あじさい・菖蒲園【新潟県十日町市】

新潟県十日町市の松代城跡公園 あじさい・菖蒲園では、花菖蒲(ハナショウブ)が見られるみたいですよ!

松代城跡公園には、あじさい・菖蒲園があり、遊歩道が整備されており、咲き誇る花々のなかを散策することができるそうです。

開花に合わせて「あじさい&菖蒲まつり」が開催されます。

例年の見ごろは6月下旬から7月中旬

上の原菖蒲園【新潟県南魚沼市】

新潟県南魚沼市の上の原菖蒲園では、花菖蒲(ハナショウブ)が見られるみたいですよ!

上の原菖蒲園は、昭和39年に明治神宮から25種200株の分譲をうけたのがはじまりで、現在では100種8000株に増え、早咲・中咲・遅咲とかわるがわる咲き続けるそうです。

例年のみごろは6月下旬から7月下旬まで

※菖蒲園には駐車場がありません、お松の池の駐車場をご利用くださいと南魚沼市観光協会Facebookに記載がありました。

開花状況は、NPO法人 六日町観光協会ホームページで確認できます。

大積 谷地池【新潟県長岡市】※カキツバタ

新潟県長岡市大積の谷地(やち)池では、カキツバタが見られるみたいですよ!

新潟県長岡市大積町3の山あいにある谷地(やち)池と呼ばれる2ヘクタール弱の沼地に自生した紫や白のカキツバタが見られるそうです。

例年の見ごろは5月下旬

しらさぎ森林公園【新潟県三条市】

新潟県三条市のしらさぎ森林公園では、花菖蒲(ハナショウブ)が見られるみたいですよ!

しらさぎ森林公園には、2万株の花菖蒲が咲き誇り、夜間は、花菖蒲の上を源氏ホタルと平家ホタルが幻想的に舞うそうです。

毎年開花に合わせて「花菖蒲まつり」が開催されます。

例年の見ごろは6月中旬~7月上旬

開花状況は、三条市ホームページで確認できます。

頚城区【新潟県上越市】※アヤメ

新潟県上越市の頚城区では、アヤメが見られるみたいですよ!

新潟県上越市頚城区では、村の花にアヤメが選ばれており、地区内ではアヤメが見られるそうです。

瓢湖あやめ園【新潟県阿賀野市】※アヤメ

新潟県阿賀野市の瓢湖あやめ園では、アヤメが見られるみたいですよ!

瓢湖南側に位置する瓢湖あやめ園では、面積1.1ha、約215品種50万本のあやめが見られるそうです。

開花に合わせて「瓢湖あやめまつり」が行われ、期間中はボンボリ設置とライトアップが行われるそうです。

例年の見ごろは6月上旬~6月下旬

五十公野公園 あやめ園【新潟県新発田市】※アヤメ・カキツバタ・ハナショウブ

新潟県新発田市の五十公野公園 あやめ園では、アヤメ・カキツバタ・ハナショウブが見られるみたいですよ!

五十公野公園の「升潟」の小道を奥へ歩いていくと、1.8ヘクタールのあやめ園があり、一面に広がるあやめ(花菖蒲)が植えられており、300品種、60万本のあやめ(花菖蒲)が見られるそうです。

5月中旬からアヤメが咲き始め、下旬にはカキツバタ、そして6月上旬からハナショウブが見頃を迎えます。(園内の多くはハナショウブ)

例年開花にあわせて「しばたあやめまつり」が開催されます。

例年の見ごろは6月中旬ごろ

開花状況は、新潟県新発田市公式ホームページで確認できます。

佐渡植物園 菖蒲園【新潟県佐渡市】

新潟県佐渡市の佐渡植物園では、ハナショウブが見られるみたいですよ!

佐渡植物園には、菖蒲園があり、昭和47年には佐渡植物園開園20周年記念として、明治神宮から花菖蒲を分けていただき、毎年植え替えをして育てているそうです。

例年の見ごろは6月下旬~7月上旬

新着記事

Category

アーカイブ

  • この記事を書いた人

minkim

カメラと自然大好き女子です! カメラで撮った写真とともに、お散歩情報を発信しています。 情報が欲しいカメラマンさんやお出かけ好きさんと、集客したい地方自治体や観光協会などを繋ぎ、地方創生で日本を元気にを目指しています! Instagramのストーリーで全国の最新イベント情報を投稿しているので、よかったらどうぞ!

-まとめ, 中部, ハナショウブ